評価という意味のないもの

人間は確かに威張りたいもので、僕も負けずに何かを持とうと思いました。
ですが、今はどうでもいいです。
僕は基本的に責任を持つタイプではありませんし、自分で考えるタイプです。悪い部分もあって、良い言葉を聞けない所があります。
ただ、本当だと思った事に関して話し合える事は出来ます。
一方的で、話す余地もないと相手が思っているのなら、話す必要も特にありません。

いつも僕は大学に行っていないという情けないものから逃れられないでいました。
他の人達と付き合って思ったのは、大学に行けない理由の人がとても多いと思いました。
それは、お金の面だとかではなくて、色々な理由からです。
病気で行けない、忙しいもそうですし、色々です。

いつも、僕は高学歴でありたい、それが僕にとっての照明と、今考えるとあほらしい事を考えていました。まだ、多少はあるかもしれません。
僕はいつも思うのですが、本当にそういうどうでもいいものを持ったら、確実に威張る人になると思います。
それに、他の威張る人に称賛される事もないでしょう。その人達は、ナルシストですから、結局低評価に終わります。

僕は素直な人が最期は自分にいい人生だと言えるように思えてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>